--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-06-10

安心と心配

皆様、ご無沙汰しています!あにゃママです
体調不良に続きプライベートでのバタバタした期間があり
すっかり一月以上放置してしまいました

昨日は、あにゃ姫の「歯石除去」へ行ってきました。
あにゃ姫の歯について気になりだしたのは、ここ半年くらい前から。
汚れも肉眼で見えるようになり、時々ですが口臭も感じはじめました。
早いうちに一度除去していただいて、出来るだけクリーンな状態を保ちやすく出来たら。。。
と考え、思い切って予約しました

麻酔をかけると言うので、麻酔に対応できるのかなど事前検査を含め
半日入院予定です。

診察室に入ると最初に院長先生
「ハイ。アーちゃん久しぶりだねぇ。あなたはいつ見ても美人ちゃんだねぇ
もうこの段階で、(この先生は信頼できる素晴らしい良い先生だ!!)と
感激しまくり鼻の下を伸ばすばか親ふたり。。。(爆)
そして。実際に口の中を調べ始めた先生いわく。

「この程度の歯石であれば、今は麻酔をかけてまで取る必要は無いのでは?」と。

勢い込んできただけに、拍子抜けしましたが、先生の持論として
麻酔は一生のうちに出来るだけかける回数が少ないほうが良い。
病院によっては、少しの歯石でもすぐ麻酔をかけてとる場合もあるが
本人の負担を考えたら、痛みや病気に直結するほどのひどいものでなければ、
経過観察期間を設け、半年後にもう一度口内検査をしてから考えても遅くない。

というお考えを教えてくださいました。
。。。やっぱり、この先生好きです
動物にも、飼い主のお財布にも優しいから
(歯石除去は麻酔かけた場合、一番安くて25,000くらいだそうです。

でもね。安心したのも束の間。すこし心配なことも言われました。
06101anyakuti.jpg


歯茎から歯にかぶるように、水泡状の丸いぶつぶつがあるの見えますか?
左右で複数個あるんだけど、私的にはこれも歯石の影響だと思っていました。
でもあにゃ姫自身も痛そうなそぶりは見せないし、ついのびのびになってて。
今回の診察の中で、これが歯石の影響によるものではなさそうだと解りました。
今後、一ヶ月に一回、写真など撮ってサイズや個数の増加が無いかを確認し
半年後に再検査。もし変化があるようなら細胞を取って病理検査(?)するそうです。
『腫瘍』の可能性もあるとかで・・・
正直動揺もしますが、注意すべき部位を特定できたことについては
やはり診察を受けてよかったなと思います。
これから半年間で、ぶつぶつが増えたり大きくなったりしないよう祈ります

06103anya.jpg

みにゃさまも祈っててね…byあにゃママあにゃパパ&アーニャ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。